Touria Blog

画像

画像トゥーリアのブログ

モチベーションの保ち方〜心に「自分のものさし」を!

2018.01.30

みなさん、こんにちは!

メンタルトレーナーの山屋です♬

 

夢を描いて、ワクワクしましたか?

よし!では次。夢実現の要、

モチベーションの保ち方〜

 

自己肯定ライフ、始めましょう〜♬

………

まず、

「自分のものさし」作りから。

 

この「ものさし」って、要はあなたの価値観であり、

あなたの自信を育むために必要なものです。

 

さて、質問です。

あなたの「いい学校」「いい会社」とは何でしょうか?

 

例えば、学校だったら偏差値の高さでそう位置づける人もいれば、

教育理念をさして考える人もいるでしょう。

 

会社だと、ネームバリューや給料で推し量る人もいれば、

働きやすさや自分のやりがいで捉える人もいるでしょう。

 

つまりね、正解なんかないわけです。

誰かの「いい」は自分の「いい」ではなく

誰かの価値観で自分が幸せになれる確約なんてないのです。

 

あなたは自分の価値観で生きていますか?

その価値観は本当にあなたのものですか?

 

現代は色んな価値観の糸が複雑に絡まり合い

自分ものさしを作ることって結構難しいのよね。

 

ここ20−30年で日本も世界も激変しました。

追い越せ!蹴落とせ!とばかりに、

私達は子供の頃から他者との競争に駆り立てられてきました。

 

その競争意識から派生した

「いい成績、いい大学・いい就職・いい結婚」

そして勝ち組、なんて言葉も生まれましたね。

 

私は勝ち組って価値観や競争社会が指す

「いい○○」には全く共感しないのですが、

 

『いい』と言う言葉はものさし作りする上で大切にしています。

 

なぜならば、本来の「いい」には個人個人の価値観が反映されます。

いいなぁ、素敵だな〜って思うツボは

一緒じゃないからこそ、似た人を見つけると嬉しい訳です!

 

つまり「自分のものさし作り」の一歩って

 

自分にとっての「いいこと」「嬉しいこと」

「悲しいこと」「悔しいこと」等々、

オリジナルの価値(判断)基準を意識化すること。

 

そして、モチベーションの維持には

その「ものさし」の使い方がポイントです。

 

①自分なりのスタート地点を設定

②定期的に定点からの自分の変化を

 素直な視点で計測(評価)する

 

 

自分の歩み・重ねた努力や行動を正しく認知することを

習慣づけるのです

 

人は自己成長の生き物ですから競争って悪いことではない。

でも他者に囚われずに

自己成長のための健全な競争相手は常に自分とする。

自分に克つ、です。

 

しかし、競争社会で育つことで

他者を介すことでしか自分の評価が出来ず、

 

自分の頑張りすらも

人と比較して認められない。

 

例えば、今現在の環境で努力をしているにも関わらず

自分の力量が低いと感じる。すると、

 

・自分はあの人程頑張っていない。

・結果が出せない自分はダメ。

 

なんて言う人が多い。

いやいや、その考え方、狭いよ。

 

いい?

あなたの努力はゼロ、では、ない。

 

…………

 

私は学生や研修生達に自己肯定&自己評価の

トレーニングとしてこんなことをやっていました。

 

例えば不安いっぱいの就活面接練習。

1回終了毎に自己採点をさせます。

 

自己評価を「0点」という子、必ずいます。

が、それはNG。本気で叱る。

 

チャレンジした自分を認めること!

キチンと点数をつけてあげなきゃ。

 

また前回よりも低い点数をつけると、それも却下。

なぜならば、

 

私には彼らなりの「努力」が見える。

だって確かにうまく着地出来なかったケド、

前回の指摘を生かしていた。それって努力。

本人もそれを自覚しているのに、

他者目線での評価・否定が怖く

卑下した無難な答えでしかないから。

 

だから再度、自分をキチンとと評価するよう促すのです。

 

 

年代問わずこの思考回路によく出会います。

 

夢を叶える、社会を生きる、

円滑なコミュニケーションを形成する上で大切なことは、

 

自分の価値を認め伝える力。

 

人ってね、

 

あなたが自分を扱う様を見て

その通りにあなたを扱います。

 

あなたの卑下を「そんなことないよー」なんてイチイチ拾わない。

「あ、そうなのね。あなたはそういう人なのね」と相手は受け取ります。

 

まずはあなたが自分の価値を正しく見いだすこと。

そして自分を受け止めること。

…………

 

「結果が全て」で解説するとね、

 

基本結果ってあらゆる努力の積み重ね。

だから「過程なくして結果なし」って百も承知なんだけど、

 

「過程は関係ない」て言われる時って

 

大概「わかってよーー!」って感情推しだから。

それだと言い訳だって誤解されちゃう。

 

相手はね

「頑張りましたの解説ではなく、現状の事実を報告して」

「後どれくらいで結果だせるの」ってことを知りたいのよね。

 

ほら♡

だから、ものさし、重要でしょう?

 

スタートからどこまで歩いてきたか。

そしてゴールを見据えて

後どれくらいで到達出来そうなのか!

 

 

努力は人に認めてもらうためのものではない。

 

ものさし使って、一歩一歩自己肯定トレーニングしていたら

楽しくなって、仲間が増える。飛行距離が伸びている。

その結果として、人はあなたを認め

夢へとさらに近づくのです♬

 

今日も最後まで読んでくれてありがとう!